派遣なびの職種図鑑

未経験から転職したい方、キャリアアップしたい方は必見!
アパレル・ファッションの販売職から専門職、一般事務、営業など。
さまざまな職種の仕事内容がわかる「派遣なび」の職種図鑑です。

美容部員

美容部員
美容のプロとして、お客様にふさわしいメイクや化粧品をご提案し、販売する仕事。最新のメイクを楽しみながら働けます。化粧品の知識やメイクのテクニックは入社後に学べるため、未経験でも安心して始められます。

お客様にふわさしいメイクを提案!

お客様にメイクや化粧品のアドバイスを行いながら販売を行うのが主な仕事。お客様のご希望やお悩みに合わせた化粧品をご紹介し、ふさわしいメイクやスキンケアを提案します。働く場所は、百貨店の化粧品売り場、化粧品専門店、ドラッグストアなど多彩。最新のメイクを楽しみながら、仕事をすることができます。

1日の仕事の流れを見てみましょう。開店前は店内の清掃や陳列の整理をします。また、本日の売り上げ目標などを確認し、キャンペーンや新商品発売などがある時は、スタッフ全員で情報を共有します。お客様が来店されたら笑顔でお出迎え。積極的に声をかけ、お探しのものを見つけるお手伝いをします。実際にメイクを行う「タッチアップ」を行った方が、使い心地や色味などを実感でき安心して購入していただけるため、積極的におすすめします。

夕方以降は、お仕事帰りのお客様が増えて混雑するためスタッフ同士で協力し、お待たせしないよう気を付けます。閉店担当は、レジを閉め売上を集計、メイク道具の手入れや商品の補充、片付けなどを行います。

美意識を高く持つことが重要

美容部員はお客様にとって美の憧れの存在でありたいものです。多くのブランドでは自社製品を割引価格で購入できる制度があるため、積極的に最新の美容やメイクの情報を収集し、自分磨きを怠らないようにしたいものです。メイク用品はシーズンごとに新商品が登場します。成分や効能、流行のカラーなどもご紹介できるよう、常に学ぶ姿勢も重要です。

美容部員も販売職のため売上目標がある場合がほとんどです。企業によって異なりますが、商品の売上個数や金額が決まっているパターンが一般的です。経験を積むうちに接客スキルが磨かれるため、目標も達成しやすくなるでしょう。

最近は日本の化粧品の魅力にひかれて外国人のお客様の来店も増えてきました。英語や中国語など語学力があると、売上に貢献できるでしょう。

未経験でもOK、お客様を喜ばせたいという気持ちが大事

美容部員になるためには特別な資格は不要で、未経験可の求人も豊富にあります。メイクのテクニックや化粧品の知識は入社後の研修で学べるため、大事なのはお客様のご希望を化粧品でお手伝いしたいという熱い気持ちです。

美容部員として経験を積んでいくと、店長へのステップアップが可能。店長は、店舗の売上管理、従業員の教育、本社との連絡など仕事が増えますが、収入もアップします。その後は店舗でお客様の生の声を聞いてきた経験を活かして、商品企画や店舗開発の仕事への道が開けます。