派遣なびの職種図鑑

未経験から転職したい方、キャリアアップしたい方は必見!
アパレル・ファッションの販売職から専門職、一般事務、営業など。
さまざまな職種の仕事内容がわかる「派遣なび」の職種図鑑です。

アパレルプレス

アパレルプレス
多くの人にブランドや商品の魅力をPR。アパレル業界の花形と言われ、大変人気の高い職種です。ブランドや商品への熱い情熱が仕事の原動力になります。社交性が高い人、人前で話すことが好きな人におすすめです。

企業の広告塔としてブランドの魅力をPR

ブランド・商品のイメージアップや認知拡大のために広報や宣伝をするのが主な仕事。最新のファッションを身にまとい、ファッション雑誌やテレビなどに登場、著名人に出会えるチャンスもあるなど、華やかな印象が強く、いつの時代も人気の高い職種です。自分が発信した情報で世の中に大きな反響を与えられるのは、プレスの醍醐味と言えるでしょう。企画がヒットすれば、売上もアップするため社内の評価も高まります。

特に、ショーや展示会はプレスの腕の見せ所。メディアや他のアパレル企業に、一斉にブランドの魅力を伝えられる絶好のチャンスのため、十分に準備してから臨みます。他にも、シーズンごとのカタログ作成、モデルや商品の撮影立ち合い、タイアップする雑誌の原稿チェック、モデルや雑誌に貸し出す商品の管理、プレゼン資料の作成など、具体的な実務をあげていくと意外と多く、それぞれに専門性が求められます。

最近はSNSを使ったプロモーションや、異業種とのコラボなど、新しい企画を行うことも増えてきました。限られた予算の中で、PR効果を高め、売上拡大につなげるためには貪欲に新しいものを追いかけていくパワーが求められます。

ブランドへの情熱が仕事の原動力

多くの人に商品の魅力をPRする仕事のため、人前に出ることが苦にならない、メッセージを伝えるのが好きな人は向いているといえます。また、モデルやカメラマン、メディアなどさまざまな立場の人と関わりながら仕事を進めるため、社交性も必要です。

また何よりも、プレス自身がファッションやブランドのことをよく知り、愛情を持つことが大事。熱意あるPRは多くの人に伝わります。企業の広告塔として、プレスが登場する場面もあるため、ファッションのセンスや知識も求められます。

外資系プレスの場合、英語などの外国語のスキルは必須です。国内ブランドでも海外に展開する事例が増えてきているので、プレスとしてキャリアアップを考えているなら、語学力も磨いておきましょう。

アシスタントとして経験を積んでステップアップ

アパレルプレスは求人数が多くないため、競争率が高い傾向にあります。プレスになるには、大きく分けて3つのルートがあります。最も一般的なのは、アシスタントとして働きながらステップアップしていくルート。スタートは派遣社員やアルバイトのことが多いため、正社員への転換がある企業を選んでおくと安心です。他にも、販売員として働きながら部署異動を希望するルート、広告業界やファッション雑誌のライターや編集者として活躍し、マーケティングの知識やファッション業界での人脈を作ってから転職するルートもあります。