派遣なびコーディネーターブログ

アパレル・ファッション、販売、事務、営業、専門職。
業界・職種の最新情報から転職のノウハウ、派遣の仕組みまで、
求人や仕事に関する最新のトピックスを紹介するブログです。

アパレル業界&求人ニュース

販売以外の接客業5選!仕事内容と必要なスキルを解説

2023.11.10

販売以外の接客業5選!仕事内容と必要なスキルを解説

ファッション好きが一度はやってみたいと憧れるアパレル販売員も接客業のひとつ。接客業は求人数も多く、ゼロから経験を積めるお店も多いので未経験者や他業種からでもチャレンジしやすい仕事です。とはいえ、接客業とひとくちにいっても、仕事内容はさまざま。今回は接客業の基本について解説したうえで、販売職以外の5つの接客業について紹介します。

接客業の基本

接客業とは、文字通りお客様と接する仕事。お客様に気持ち良く商品を購入してもらったりサービスを受けてもらったりするためには、必要なスキルや心構えがいくつかあります。

・ホスピタリティ

接客は、おもてなしの心でお客様に対応するのが基本。「お客様に気持ち良く過ごしてもらうためにはどうすればいいか」「いま必要としていることは何か」など、お客様の立場になって動けることが大切です。

・コミュニケーション能力

お客様に気持ちの良い時間を過ごしてもらうためには、お客様に伝わる声や笑顔で対応することも大切です。さらに会話力もあればコミュニケーションもスムーズになり、居心地の良さや安心感、信頼感も感じてもらえるでしょう。

・接客マナーやルール

社会人、ビジネスパーソンとしてのマナーも大事です。言葉遣いや対応の仕方によっては、お客様を不快にさせてしまうことがあります。そうならないためにも、最低限の一般的なマナーは身につけておく必要があります。

・商品やサービスの知識

扱う商品やサービスに対する知識があることは基本です。お客様にとっては新人・ベテランは関係ありません。接客する側に必要な知識がなければ不安を与えてしまいます。お客様に質問された際にはしっかりと答えられるように、わからないことがあった場合でも「確認して後ほどお伝えしますね」など、安心感を得られる接客ができるようにしたいものです。

同じ接客業でも職種によってさまざま

接客業であっても職場によってルールが違ったり、業界によって押さえるポイントや注意点があるなどとさまざま。接客業にはどんな仕事があるのかを知っておくことで、自分のやりたいことも明確になるかもしれません。ここでは5つの職種について紹介します。

飲食店などのホールスタッフ

レストランや居酒屋など、飲食店内で接客を担当するのがホールスタッフ。来店したお客様を迎えて、お店を出るまでの対応をします。お客様がどんなに食事に満足しても、最終的に不満を感じてしまえば悪いイメージを与えてしまいます。笑顔でハキハキとした対応を心掛け、最後まで気持ち良く過ごせるような接客をしましょう。

・来店したお客様の対応

お客様を席に案内し、注文をうかがいます。スタッフを呼ぶボタンや呼び鈴がある場合はそれに対応し、ない場合はタイミングを見て席に注文を取りに行きます。案内したテーブルに専属でついたり、手が空いたスタッフが対応したりと店舗によってもさまざま。お客様に合わせて注文を取り、場合によってはおすすめメニューや料理の説明をします。

注文を取ったらキッチンに伝え、できあがった料理はテーブルへ運びます。お客様の食事が終わったら、食事中のほかのお客様の妨げにならないよう配慮しつつ食器などを下げ、テーブルを拭いて必要なセッティングをし、次のお客様が席に着けるように準備します。レジでの会計作業も大事な仕事で、お見送りをする店舗もあります。

・注文・配ぜん以外の対応も

来店したお客様に直接対応するだけでなく、清潔感があって居心地よく過ごせるように店内の空間に気を配るのもホールスタッフの仕事。テーブルセッティングや調味料などの補充、営業前後の清掃なども業務の一環です。席を待っているお客様の質問や要望に応える、電話応対をするなど、案内したお客様以外にも気を配ることができれば、さらにお客様の満足度も上がるはずです。

・ホールスタッフに必要なスキル

ホスピタリティは接客の基本。お客様と直接話す機会も多いホールスタッフには、基本的なマナーや言葉遣いも大切です。お客様に対してだけでなくスタッフ間の連携も重要なため、コミュニケーションスキルも求められます。さらに観察力や優先事項の判断力があれば、混雑時などにも効率的に動くことができるでしょう。

ホテルや旅館など宿泊施設のフロントスタッフ

チェックイン・チェックアウトの手続きや宿泊中の案内、電話応対など、宿泊客の対応をする仕事です。フロントは施設の顔でもあり、お客様に最初に対応する場所。その施設のイメージも左右するので、信頼感のあるきちんとした対応が必要です。

・チェックイン

チェックイン時には宿泊日や日数、宿泊人数や部屋タイプなど、お客様の予約に間違いがないかを確認したうえでチェックインの手続きをします。予約があってもその場で内容を変更したり、何か要望があるお客様がいれば臨機応変に対応する必要もあります。施設内や宿泊中の案内、注意事項なども伝え、前払い制であれば会計を行うこともあります。

・チェックアウト

チェックアウト時には、基本的に金額を確認して会計処理をします。お客様によっては領収書を作成したり、事前に宿泊費を払っていても追加費用を精算することもあります。最近では決済方法の種類も多いため、可能な決済方法や実際の決済の仕方も覚えておきましょう。

・その他の業務

フロントというと、チェックインやチェックアウトの手続きをするイメージが強いかもしれませんが、仕事内容はそれだけではありません。宿泊当日だけでなく、電話・メール・宿泊サイトなどの予約対応もします。

また、コンシェルジュがいる場合は別ですが、外国人宿泊客の外貨両替、貴重品や荷物の預かり、観光地や施設周辺の案内、駐車場の案内など、お客様のさまざまな要望に応えるのもフロント業務です。

・フロントスタッフに必要なスキル

ホスピタリティとコミュニケーションスキルは必須といえます。さらにお客様のさまざまな要望に応えるため、ニーズを察知でき、臨機応変に対応できるスキルや提案力も求められます。当日中にやるべきことも多いため、時間管理や体力も必要です。想定される質問や要望に備え、各部署と連携して施設内の全体を把握し、施設や周辺の環境から競合である近辺の宿泊施設についてなど、さまざまな知識や情報を蓄えておきましょう。

たとえ要望がなくてもお客様に必要なことを想像して行動し、細かいことにも気を配れる人は向いています。外国人の宿泊客が多い施設では、語学力もプラスになります。

美容・エステスタッフの仕事

施術前にカウンセリングをし、美容や痩身のためのフェイシャル・ボディートリートメント、脱毛などの施術を行うのが仕事です。最も大事なのは、お客様の満足度を高めることです。初めての方でも安心して、リラックスできるような接客が求められます。

・カウンセリングをして施術

お客様一人ひとりのニーズに合わせた施術ができるように、体調やライフスタイル、ふだんのお手入れ方法や要望などを丁寧にヒアリングします。その際には施術の説明や契約書を交わし、施術内容が決まれば契約したコースとヒアリング内容を元に、実際のトリートメントを行います。

・美容・エステスタッフに必要なスキル

働くのに資格は必要ありませんが、身体に関する知識や施術スキルは必須です。専門学校やスクールに通う人もいますが、サロンにおける研修と指導、経験を積んでエステティシャンとして仕事をすることも可能です。

施術をする場合は資格が必要になるケースもあるため、事前に確認しておきましょう。ただし、高い技術があっても、お客様の要望に合っていない場合は満足してもらえません。そのため、美容・エステスタッフにはお客様の悩みや要望を聞くカウンセリング力が欠かせません。リラックスして話しやすい雰囲気を作れるコミュニケーション力も必要です。

企業や病院などの施設受付スタッフの仕事

ホテルや企業などの受付は、最初にお客様に対応する施設の顔ともいえる場所です。健康に不安がある人が訪れる病院や介護施設などは、明るい雰囲気であることはもちろん、清潔感や安心感も大切です。それぞれの施設に合った接客を心掛けましょう。

・企業の受付

企業の顔として来客の対応や社員への取り次ぎ、場合によっては案内なども行います。空いた時間には事務作業をすることもありますが、基本的に勤務時間中には受付に常駐します。なかにはシフト交代制を導入している企業や施設もあります。

・ジムやフィットネスの受付

ジムやフィットネスに来館する会員の受付や手続き、案内などを行います。企業によっては、見学の案内や入会申し込み手続き、施設の清掃などに対応することもあります。運動や身体に興味があり、明るく元気な接客が好まれます。

・病院やクリニックの受付

来院した患者さんの受付や手続きを行います。総合病院などでは受診科の案内、場合によってはカルテ作成や診察券の発行なども行います。基本的に健康に不安のある患者さんが来院するため、安心感を与えられるような対応が求められます。

・施設受付スタッフに必要なスキル

来客時以外には事務作業を行う場合もあり、基本的なPCスキルは必要。企業の窓口受付では、特にビジネスマナーが必須です。電話応対も多くマナーや言葉遣いも大切なため、コールセンター経験などはプラスになります。

業界・業種が違っても接客経験があったり、コミュニケーション能力があったりすることもアピールポイントに。病院での受付も、医療事務系の資格は必須ではありませんが、持っていると優遇されることもあります。

ブライダル・セレモニースタッフの仕事

結婚式や葬儀をトータルサポートし、当日はスタッフとして動く仕事です。どちらも人生での節目になる大事なセレモニーのため、失敗のできない緊張感のある仕事でもありますが、その分やりがいを感じることができます。

・ブライダルスタッフ

結婚式場やホテルなど、結婚式をトータルでサポートします。事前打ち合わせで結婚式のプランや流れを決め、当日は会場で参列者の案内や新郎新婦のサポートなど、会場のサービススタッフなどとして動きます。ウェディングプランナーなどの経験があれば優遇されますが、未経験でも結婚式場やホテルでのアシスタントから経験を積むことができます。基本的に結婚式は土日祝日にあることが多く、平日休みが一般的です。

・セレモニースタッフ

会場の準備や参列者・遺族への案内、配ぜんなど、いわゆる斎場や葬儀場で通夜や葬儀が滞りなく進められるように、遺族や葬儀担当者をサポートする仕事。派遣の場合はさまざまな葬儀会社へ派遣されます。人生の最期を見送るセレモニーでもあるため人生経験や落ち着きが求められ、比較的年齢が高い人が採用されやすいのが特徴のひとつです。冠婚葬祭のマナーを押さえたうえで、誠意を持って対応することが求められます。

・ブライダル・セレモニースタッフに必要なスキル

どちらも人生で大切なセレモニーであり、失敗はできません。会社が請け負った仕事はには、必ず対応しなければならないため、急なスケジュール変更や他のスタッフとの休日の調整などが必要になることもあります。

式の進行管理では、的確に物事を進められるスキルや、状況に合わせたコミュニケーション能力も必要です。やり直しが効かないので、トラブルにも臨機応変に対応できる人が向いているといえるでしょう。

アパレル・ファッションだけじゃない!様々な接客業求人も提供する「派遣なび」

販売や接客の仕事は未経験歓迎の求人も多いので、それぞれの仕事の経験が浅くてもチャレンジできます。誰かの役に立ちたい人、コミュニケーションが好きな人、お客様の笑顔を見るとやりがいを感じられる人に向いている仕事です。

今回紹介した5つの仕事だけでなく、接客の仕事はさまざまな業界に存在します。アパレル・ファッション業界に強いイメージの「派遣なび」ですが、それ以外の接客の求人も数多く扱っています。

「派遣で働いたことがない」という人には、販売・接客の求人に詳しい派遣コーディネーターが、仕組みや働き方について丁寧にご案内いたします。まずは「派遣なび」で求人をチェックし、やってみたい仕事、希望通りの条件の求人があればご相談ください。転職すると決めていなくても、お問い合わせいただければそれぞれの求人と企業について詳しく説明させていただきます。

カテゴリー一覧Category

記事ランキングTopics Ranking

    • 売れるアパレル販売員はどんな人?売れない販売員と何が違う?

      more
    • 派遣社員として働くなら「3年ルール」「5年ルール」を知っておこう

      more
    • アパレル店員に向いている人の共通点&適性チェック!

      more
    • トレンド20年周期説を検証!誰が決めてる?ファッショントレンド【後編】

      more
    • 流行は2年前に「たった2日」で決まる。誰が決めてる?ファッショントレンド【前編】

      more

タグ一覧Tags

アーカイブArchive

2024年
2023年
2022年