派遣なびコーディネーターブログ

アパレル・ファッション、販売、事務、営業、専門職。
業界・職種の最新情報から転職のノウハウ、派遣の仕組みまで、
求人や仕事に関する最新のトピックスを紹介するブログです。

アパレル業界&求人ニュース

アパレル販売員の年代・経験別キャリア 何年で店長?何歳まで働ける?

2024.04.19

アパレル販売員の年代・経験別キャリア 何年で店長?何歳まで働ける?

大好きなファッションに関わりたい、アパレル業界で働きたいと思っている人の中には「アパレル販売員は何歳までできるの?」と疑問に思う人もいるでしょう。実際のところ、ブランドのターゲット層や働く販売員の年齢によって働き方は変わってきます。この記事では、年代や経験にともなう働き方の変化を紹介しながら、アパレル販売員の一般的なキャリアパスと長く働き続けるためのポイントを解説します。

まずは、年代ごとの働き方を見ていきましょう。

10代~20代

学生のアルバイトや新入社員として、この時期にアパレル販売員として働き始める人は多いはず。この年代は若さから未経験で働ける場合も多く、選択肢は豊富。社会人としてのマナーや経験を積む時期でもあり、社会人としてもアパレル販売員のキャリアとしてもスタート地点です。接客の基本やファッションに関する経験を積みながら、将来へのステップアップをめざします。

30代~40代

子育て中や子育てがひと段落するなど、人によってライフステージに違いが出てきたり、管理職などにキャリアアップする人も出てきたりと、個人的な差が出てくる時期。自分の年齢に近いターゲット層のブランドや子育て環境に合わせて働ける職場への転職に悩む年代でもあります。

20代までと比べると、体力の衰えを感じるようにもなります。アパレル・ファッション業界を離れて別の業界に転職する人もいる一方で、これまでの経験を活かして落ち着いた接客ができるようになる年代でもあります。

50代~60代

経験が長くなり、ベテランとして年齢に合った個人経営のショップや百貨店などで働く人が多くなります。百貨店などに入るラグジュアリーブランドや富裕層向けのブランドでは、お客様に合わせた提案ができることがより重要に。ベテランとしてそれまでの経験で得た知識やマナーを発揮できます。

このように、年齢やライフステージなどによっても働き方は変わってきます。では、一般的にアパレル販売員にはどのようなキャリアパスがあるのでしょうか。

アパレル販売員のキャリアの積み方

新人として経験を積み、3年程度でチーフや副店長に、5年程度で店長やストアマネジャーになるのが一般的です。店長以上をめざすなら、エリアマネージャーや本社勤務の企画系の管理職として活躍する道もあります。定年後も働きたい場合はパート勤務なども可能ですが、定年後を見据えて自分の店舗を持つ準備をするという選択肢もあります。

長く働き続けるためには

年齢を重ねても働くことは可能ですが、ただ仕事をしているだけで続けられるほど甘くはありません。長く働き続けるためには、接客の基本であるコミュニケーション能力や接客マナーを磨き、年齢を問わず身だしなみには気を配ることが大切です。

年齢を重ねるほど体力作りや健康管理も重要になってきます。常に一歩先を考え、将来に向けて時代やトレンドに合わせた知識やスキルのアップデートをしておきましょう。

経験を積むなら派遣がおすすめ!「派遣なび」で憧れのアパレル業界へ!

接客・販売求人が豊富な「派遣なび」。そのなかでも多様な求人情報を取り揃えているのがアパレル・ファッション業界です。未経験からでも働ける求人が多いのがメリットのひとつ。派遣なら希望の職場を選ぶことができ、同じ職場で働けるのは最長3年。さまざまな職場で多くの経験を積むことも可能です。

業界に精通した経験豊富なアドバイザーが「将来のキャリアアップに向けて経験を積みたい」「ずっとアパレル業界で働くためにいろいろな経験をしておきたい」というあなたの希望をしっかりとサポートします。迷っている方は、無料登録のうえ、ぜひご相談ください。

カテゴリー一覧Category

記事ランキングTopics Ranking

    • 売れるアパレル販売員はどんな人?売れない販売員と何が違う?

      more
    • 流行は2年前に「たった2日」で決まる。誰が決めてる?ファッショントレンド【前編】

      more
    • 派遣社員として働くなら「3年ルール」「5年ルール」を知っておこう

      more
    • トレンド20年周期説を検証!誰が決めてる?ファッショントレンド【後編】

      more
    • アパレル店員に向いている人の共通点&適性チェック!

      more

タグ一覧Tags

アーカイブArchive

2024年
2023年
2022年