派遣なびコーディネーターブログ

アパレル・ファッション、販売、事務、営業、専門職。
業界・職種の最新情報から転職のノウハウ、派遣の仕組みまで、
求人や仕事に関する最新のトピックスを紹介するブログです。

アパレル業界&求人ニュース

憧れのラグジュアリーブランドで働くには?必要なスキルと採用されるコツを解説

2023.09.01

憧れのラグジュアリーブランドで働くには?必要なスキルと採用されるコツを解説

高価な服やバック、アクセサリーなどを販売するラグジュアリーブランド。

高品質かつハイセンスなデザインのため、いつの時代も憧れの的ですね。

ファッション好きの方なら、一度は働いてみたいと思ったことがあるでしょう。

しかし、もしかするとブランドイメージに合った人や高いスキルを持ち合わせた人しか採用されない狭き門だと思っている人もいるかもしれません。

一定のアパレル業界での仕事経験は求められるものの、誰でも挑戦することが可能です。

ここでは憧れのラグジュアリーブランドで働くための必要なスキルと、採用されるコツを解説します。

ラグジュアリーブランドとは

ラグジュアリーは“贅沢な”、“豪華な”という意味の英語です。

ラグジュアリーブランドはヨーロッパで生まれた世界的に有名なブランド・企業が多く、数万円の小物から、何十万~何百万もする高価格帯のアイテムまで販売しています。

ハイブランドという言葉を聞いたことがあるかたもいるでしょう。

ラグジュアリーブランドは、上質な素材、丁寧な縫製、ブランドの世界観を大事にしつつもトレンドをおさえたデザインなど、全てにおいて高品質です。

そのため時代を問わず人気があり、ラグジュアリーブランドのアイテムを持っていることはステータスにもなります。

百貨店や路面店を中心に店舗を展開しており、店内は高級感のある内装が施されています。

路面店では入口にガードマンが立っているなど、警備も厳重です。

ラグジュアリーブランドで働く場合、カジュアルブランドよりも時給や給与が高いケースが多く、教育制度や福利厚生も充実しています。

アパレル経験者がキャリアアップのため転職するケースが一般的ですが、派遣社員なら販売員の経験が豊富でなくても挑戦できるブランドもあります。

ブランドの世界観を壊さないために販売員は制服を着用し、長い髪はまとめ、過度な染髪はNGです。

髪型を指定されるブランドもあるなど、販売員にもフィット感が求められます。

販売員に求められるスキル

ラグジュアリーブランドの販売員の業務内容は、カジュアルブランドのアパレル販売員と大きな差はありません。

お客様のニーズにあった商品を提案・販売するほか、在庫管理やシーズンごとのディスプレイの変更、店舗の清掃や整理整頓といった業務を行います。

また、販売員になるための必須のスキルや資格もありません。

しかし、ラグジュアリーブランドのお客様は日頃から上質なサービスを受けている方が多いうえに、高額の買い物をするためシビアな視点でアイテムや販売員をチェックしています。

ラグジュアリーブランドの販売員は、一般の販売員に加えて次のようなスキルが求められます。

正しいビジネスマナーや美しい敬語、洗練された身のこなし

美的感覚や芸術的センスが優れている方、教養が深い方が多いため、マナーや敬語を間違えると、すぐにお客様に気づかれてしまいます。

販売員として信頼されなくなるだけでなく、ブランド全体のイメージまで下げてしまう可能性があるので、常にブランドを代表しているという意識を忘れないようにしなければなりません。

言葉遣いだけでなく、所作も大事です。

背筋を伸ばして歩く、指をそろえて商品の説明をするなど、常に洗練された身のこなしが求められます。

コミュニケーション力

どの販売職でも同じことですが、お客様のニーズを聞き出し、最適な商品を提案するコミュニケーション力は必須です。

ラグジュアリーブランドの場合、ブランドやトレンドについて詳しいお客様も多いですが、販売員のアドバイスが購入の決め手となるケースもよくあります。

高額な買い物になるため、トレンドの取り入れ方があっているか、自分に似合っているか、手持ちのアイテムと合わせるならどの商品がよいかなど、プロの視点からののアドバイスがあると安心して購入できます。

なかには、販売員との会話を楽しみに来店する方もいます。

接客中も商品説明やファッショントレンドだけでなく、文化的な教養、最低限の時事問題なども把握しておくと会話が弾みます。

普段からデザインや音楽、美術といった芸術の知識、社会情勢などの時事問題について情報収集をしておきましょう。

おもてなしの精神

常連のお客様にはお名前を覚えて接客をするなど、ラグジュアリーブランドの販売員は的確なサービスとブランドに合った振る舞いが求められます。

手書きのお便りやお電話など、心のこもったコミュニケーションを大事にしている店舗もあります。

ラグジュアリーブランドは店内で心地よく過ごしていただくという視点も大事にしています。

買い物の時間を邪魔しないよう、お客様の様子をしっかり観察しながら、タイミングよく接客するというおもてなしの精神が欠かせません。

ブランドの歴史を学ぶ姿勢

ラグジュアリーブランドには必ず歴史があります。

創業者の理念、手掛けてきたデザイナーの遍歴、大事にしているコンセプトなど、販売員はその世界観を理解しておく必要があります。

創業年、創業者の名前はもちろん、時代に合わせてどのように商品やデザインが変化してきたのか、今も変わらず大事にしているものは何なのかなど、把握しておきましょう。

接客中にブランドの歴史が問われることはありませんが、把握しておくことで商品説明やお客様との会話に幅と深みが生まれます。

自然と説得力も増すでしょう。

ブランドについて詳しいお客様も多いため、知識が浅いことが露呈すると販売員としての信頼を失います。

ブランドの歴史を把握しておくことは採用の段階でも有利になります。

ぜひ、積極的に学んでみてください。

語学力

世界に展開するブランドですから、海外からのお客様も多く来店します。

英語や中国語が話せると接客がスムーズに行えるでしょう。

採用の際に外国語が話せることは必須の条件ではありませんが、語学力があることは評価されます。

海外ブランドの場合、店長などのマネジメント業務を行うようになると本社とのやり取りが発生することもあります。

フランス語やイタリア語といった本社で使われている言語をマスターしていると、さらなるキャリアアップがめざせます。

向いている人の特徴

カジュアルブランドの販売員と共通している点もありますが、ラグジュアリーブランドの販売員には次のような特徴があると、より活躍できるでしょう。

自分から前向きに仕事に取り組む人

ラグジュアリーブランドの販売員は、商品知識だけでなくブランドの歴史までしっかり学ぶ必要があります。そのため自ら学ぼうとする人には適性があるといえます。

商品やブランドに関する知識が豊富なお客様も多く、常に「質の高い会話」が求められます。

自社ブランドだけでなく、他社ブランドの傾向までおさえておく、文化や芸術のトレンドも把握しておく、時事ニュースも知っておくなど。

アパレル以外の情報にもアンテナを張って積極的に情報収集する人は、販売員として評価が高くなるでしょう。

粘り強く取り組める人


高価な商品になるため、即決する人ばかりではありません。

1回の来店で決めきれない方も多いでしょう。

商品の特徴や他のアイテムとの合わせ方など、説明やアドバイスを希望するお客様に対しては、丁寧な説明が必要です。

売上目標を気にしてすぐに購入を決めてもらいたいとせかしたり、焦ったりするのはNG。

粘り強くお客様に寄り添える人は、適性があります。

ホスピタリティの高い人

顧客管理に力を入れているブランドが多く、一人ひとりのお客様との信頼関係がとても重要です。

2世代、3世代にわたってブランドのファンという方もいるなかで、「お客様の役に立ちたい」「長くお付き合いいただきたい」といったおもてなしの精神がある人は、ラグジュアリーブランドで活躍できるでしょう。

柔軟性がある人

ラグジュアリーブランドは歴史やコンセプト、世界観を大事にしていますが、世の中のトレンドに合わせて変化しています。

最近ではエコ、動物保護、サスティナブルなどが世界的なトレンドになりました。

また、EC販売やキャッシュレス決済など、販売手法や支払い方法もどんどん変わってきています。

従来のやり方に固執する人、新しい価値観を受け入れられない人は、ラグジュアリーブランドで働くのは厳しいそうです。

ブランドの世界観やコンセプトを大事にしつつ、柔軟に新しいものに対応できる人は成長できるのではないでしょうか。

熱意がある人

美しい所作や丁寧な言葉遣いが求められますが、ブランドを愛する気持ちや、販売への熱意は欠かせません。

カジュアルブランドに比べ、ラグジュアリーブランドでは実力勝負の傾向があります。

チームワークよりも個人としての実績や評価が重視されることもあるようです。

実力勝負が苦にならない人は、販売員として高く評価される可能性を秘めています。

応募時に気をつけること

ラグジュアリーブランドの販売員といっても、容姿やスタイルの良し悪しで採用が決まるわけではありません。

最も大事なポイントは「ブランドの世界観と合っているか」です。

面接などで気をつけるべきポイントを具体的に挙げてみましょう。

清潔感があり、服装、髪型、メイク、ネイルがブランドのイメージに合っている

ラグジュアリーブランドは世界観を表現できる人に販売員になってもらいたいと考えています。

そのため、採用面接の段階でブランドのイメージに合わない服装はNGです。

全身を応募するラグジュアリーブランドで固める必要はありませんが、ブランドの世界観にあった服装や髪型、メイク、ネイルで臨みましょう。

販売員としてのセンスも、面接でチェックされることがあるようです。

さわやかな笑顔

モデルのような美しい顔が求められているわけではなく、相手に落ち着きを与えるような笑顔、安心感や信頼感を抱かせる笑顔が評価されます。

自然な笑顔を作れるよう、セルフチェックをしておいたほうがいいでしょう。

美しい立ち振る舞い

面接では、歩き方、座り方、ドアの開け閉めといった立ち振る舞いをチェックされます。

指の先、足の先まで注意を払って、上品で優雅な動きができるよう備えておきましょう。

自分の年齢とブランドのメインターゲットが合っているか

顧客層と年齢が近い販売員を採用する傾向にありますが、年齢が高いからといって採用で不利になるわけではありません。

年齢が高い人は、「経験値が高い」「知識が豊富」「落ち着いた雰囲気」といった好印象につながるケースも多いようです。

ブランドを選ぶ際は、自分がブランドのメインターゲットと合っているかを確認しておきましょう。

自己PRを明確にする

なぜこのブランドで働きたいのか、他のブランドではダメなのか、自己PRや志望動機をしっかりと練り上げておくと、採用にぐっと近づけます。

自己PRや志望動機では必ずブランドの歴史やコンセプトについて触れましょう。

しっかり勉強している、熱意があると判断され、高評価を得られます。

現時点では語学に自信がなくても、「今学んでいる最中です」と伝えることで熱意をアピールできます。

実際に店舗で感じたこと、販売員の対応で良かったことなど、ブランドに関わるエピソードを伝えるのも効果的です。

ラグジュアリーブランドで働くなら、「派遣なび」で求人をチェック

アパレルに強い「派遣なび」ではラグジュアリーブランドの求人も取り扱っています。

フリーワードに「ラグジュアリー」と入れて検索してみてください。

さまざまなラグジュアリーブランドの求人がずらりと表示されます。

正社員の場合は豊富な経験が求められますが、派遣ならラグジュアリーブランドが未経験でも働けます。

百貨店経験や高価格帯の商品の販売経験がある方は、即戦力として評価されるケースもあります。

アパレル未経験で不安という方は、派遣コーディネーターにご相談ください。

業界の経験豊富なコーディネーターから丁寧なヒアリングをさせていただき、適切な求人をご紹介します。

ラグジュアリーブランドは百貨店に入っていることも多く、エキチカで通いやすいというメリットもあります。

また、ラグジュアリーブランドで働いていることがステータスにもなり、販売員としてさらなる成長が期待できます。

興味がある方は、まずは各ブランドの情報と求人をチェックしてみてください。

派遣コーディネーターに相談したい方は、Web登録を。

憧れのラグジュアリーブランドで働く夢を現実のものにしましょう。

カテゴリー一覧Category

記事ランキングTopics Ranking

    • 売れるアパレル販売員はどんな人?売れない販売員と何が違う?

      more
    • 派遣社員として働くなら「3年ルール」「5年ルール」を知っておこう

      more
    • アパレル店員に向いている人の共通点&適性チェック!

      more
    • トレンド20年周期説を検証!誰が決めてる?ファッショントレンド【後編】

      more
    • 流行は2年前に「たった2日」で決まる。誰が決めてる?ファッショントレンド【前編】

      more

タグ一覧Tags

アーカイブArchive

2024年
2023年
2022年