障がい者雇用支援

シーエーセールススタッフでは、障がいを持つ方が社会で活躍できるよう、全力でサポートします!

厚生労働省は企業に対し、一定割合の障がい者雇用を義務づけています。

2015年4月に雇用率が引き上げられ、従業員50人以上の民間企業は2.0%の雇用が必須となり、今後も雇用率は上がっていくものと見込まれます。

また、法定雇用率を満たしていない企業については、未達成人員あたり年間60万円の納付金が義務となりました。

共生社会を目指して、会社は社会の一員である障がい者を積極的に雇用し、自立を支援する義務があります。

雇用の難しさはあるかもしれません。ただ、ちょっとした気配りや環境整備により、業績に大きく貢献できる方も多数いらっしゃいます。

また、そのような配慮がもたらす変化は、職場に光明を与える事例も少なくありません。

当社では、実際に障がいを持つコンサルタントが、障がい者が感じる不安や悩みを深く理解し、企業さまと障がい者双方の希望に沿う雇用支援を行っています。

お問い合わせ

障がい者採用をご検討の企業さま


企業さまの障がい者採用

※業種は問いません

求職中の障がいをお持ちの方


求職者さまへのお仕事紹介

※業種は問いません