お仕事の内容と接客の心得

お仕事の内容

ショップスタッフ

ブランドの店舗で接客を行い、商品を販売することがお仕事です。

来店されたお客さまに対して明るく、元気な挨拶をすることに始まり、お客さまの好みやライフスタイル、ブランドのコンセプトやスタイルに合った商品を提案・試着のサポート、レジ業務などを行います。

お客さまに快適に買い物をしていただくために、接客の他に店内の掃除をしたり、乱れた洋服をたたみ直すなどの商品整理も必須です。

また、仕入れた商品の検品作業、タグ付け、在庫の管理、返品作業、ディスプレイなども重要な仕事の一部です。キャリアや実力に応じて、店舗運営などの仕事(新人教育)を担当するケースもあります。

ショップマネージャー(店長)

お客さまに愛されるショップ運営のために、店舗スタッフの指導を行うとともに、店舗の責任者として集客力のある店舗づくりをし、売り上げや利益を伸ばすことが仕事です。

販売員の先頭に立ち、スタッフに接客のお手本を示したり、商品の発注やディスプレイ、レジ、在庫確認等の商品管理。スタッフ育成、売り上げ管理、シフト管理なども店長の重要なお仕事です。

スキルによっては、販売管理や販促企画、イベントやプロモーション施策の企画や提案を求められることもあります。

サブマネージャー(副店長)

店舗での接客に加え、店の運営をするショップマネージャーと従業員とのパイプ役です。

マネージャーとショップスタッフとの間に立ち、コミュニケーションが円滑に進むように気を配るという重要な役割も果たします。

具体的には、マネージャーの目の行き届かがない部分をカバーすること。ショップスタッフの細かい教育指導。現場の意見、情報をまとめ提案すること。ショップスタッフの相談役などです。

マネージャーには言いづらいことでも、サブマネージャーには相談しやすい環境を作ることが期待されます。

エリアマネージャー

お客さまの観点に立って、店舗を調査・分析し、それを現場にフィードバックするのが主な役割です。

マーケティングや在庫管理、接客教育、商品構成など幅広い仕事に携わります。売上目標や各店舗の状況に合わせ、複数の店舗の販売計画を立案。

さらに、その計画が順調に進むようバックアップする為に、幅広いスキルが求められます。

また、ショップマネージャー(店長)の上司に当たる職種で、本社と店舗のパイプ役となる重要な役割も担います。

営業・ショップ管理・サポート

自社の商品を百貨店や量販店、アパレル専門店などに営業販売することが主な仕事です

各店の状況を把握し、在庫を確認して適切なアドバイスと商品供給を行います。商品を仕入れてもらうだけでなく、各店の経営状況をしっかり把握し、改善対策のアドバイスなど、経営面のスキルも必要です。

また、取引先のニーズを汲み取るコミュニケーション能力も重視されます。

プレス

ブランドの広報・宣伝を担当し、商品やブランドイメージをPRするお仕事です。

雑誌などへの撮影用の商品を選定して貸し出し、ホームページの管理、カタログやDM・広告の制作。マスコミからの取材や問い合わせの対応。ファッションショーやイベントの企画運営。外部向けのPR全般を担当します。

ブランドの魅力を最大限に引き出しアピールするため、ブランドへの愛情と積極性を持っていることが絶対条件となります。

販促責任者・販促担当

販促責任者は、販促予算を管理し、シーズン性やショップの動きなどを考慮して販促計画を作成します。

販促担当はこの販促計画をもとに、各種フェアを実施し、カタログ、チラシ、ポップなどの販促ツールの作成、ホームページの更新などのブランディング企画を行います。

MD・バイヤー

MD(マーチャンダイザー)は、企業・ブランド全体の数字を見て、目標数字や商品計画の策定・管理、さらに商品の価格設定まで担当します。

また、商品の選定から販売計画まで任されることも多く、店舗全体のマネジメント力も必要です。 バイヤーは商品の買い付け、納期調整、納品支持などを行います。

MD・バイヤーともに、市場動向や売上データを分析し、商品戦略を構築していく企画力が必要になるお仕事です。

ディスプレイ・レイアウト

店頭のディスプレイやレイアウトの専門職。MDや販促と協力しながら、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイズ)や大掛かりなウィンドウディスプレイを構築していきます。

デザイナー

ブランドのコンセプトや方向性にもとづき、あるいはMDの決めた時期ごとのテーマやキーカラーに合わせてデザイン画を作成。 その後、パタンナーと連携して商品を創り出します。

パタンナー

洋服を作る際に、デザイナーが描いた平面のデザイン画をもとに、立体的な形で洋服の型紙(パターン)をお起こし、サンプルを作成することがパタンナーの仕事です。

着心地やシルエットを考えて作成しなければならず、高度な知識と技術が求められます。

デザイナーの「イメージ」を具体的な「洋服」という形にしていくために、熟練したテクニックとセンス、そして経験が必要です。

最近はアパレルCAD(製図ソフト)を使って作業をすることが多くなっています。

生産管理・工程管理・品質管理

サンプル作製と産量のための工場を手配し、商品の納期に合わせて生産管理、品質管理、納期管理などを行います。

いかに効率よく利益を生み出すかという観点から全ての管理を行います。


接客の心得

接客とは、「売る」のではなく、「お役に立つ」、「おもてなし」をすることです。

最低限、常に心がけていただきたい十ヶ条です。

① 笑顔で

② 失礼の無い身だしなみで

③ 声は明るく、爽やかに

④ 正しい姿勢で

⑤ 感情をこめて、丁寧に対応する

⑥ お客さまの話を、しっかりと聴く

⑦ ゆっくりと聞き取りやすい声で話す

⑧ 正しい言葉遣いで、はっきり簡潔に話す

⑨ 所作を美しく

⑩ 感謝の気持ちを伝える

接客の基本は、お客さまに喜んでいただくこと。心地よい接客を心がけましょう。