ローブ・モンタントとは?

モンタントとはフランス語で、「立った、上った」の意味で、首をすっぽりと覆うような衿が付いた、袖の長いドレスのこと。肩と胸が大きくくられているローブ・デコルテとは対極にあるもので、身体をすっぽりと覆い、裾を後ろに引いたロング・ドレスが多く、喪服などにも用いられる。日本では、19世紀後期の鹿鳴館時代によく見られたスタイル。

アパレル用語集