アンクレットとは?

足首(アンクル)のあたりにつける飾りの輪のこと。金属製の鎖や宝石、陶器、紐などでつくられ、ワンポイントの飾りをあしらったものも多い。古くは信仰てきなものとして古代エジプトの頃から用いられていたといわれるが、現在の装飾品としてのアンクレットは第1次世界大戦後にアメリカで付けはじめたとされる。レグレットともいう。別に足首あたりまでの短い靴下(ソックレット)のことも指す。

アパレル用語集