サック・ドレスとは?

サックは「袋」のことで、ずん胴形のまるで袋のようなシルエット(サック・ライン)のドレスをいう。’58年春夏のパリ・コレクションで発表され、世界的に大流行した。それまでのウエストをくびれさせたXライン型のドレスとは違い、全くウエストラインをマークしないもので、その新しさと気やすさが当時の女性たちに受け入れられたもの。

アパレル用語集