アスコット・タイとは?

礼装用のネックウエアとして、モーニング・コートなどに用いられる幅広のネクタイ。本来は結んでタイ・ピンで留めるが、一重結びにしてスカーフのように用いるのもこうよぶことがある。英国、アスコット・ヒースの王室所有競馬場の名に由来するもので、貴族たちがモーニング・コートにこのタイを用いた正装で出席したことから、一般に流行するようになった。19世紀の中頃にあらわれたといわれる。単にアスコット、または、アスコット・クラバット、日本では「蝉型タイ」ともよぶ。

アパレル用語集