染色処理とは?

多孔質で浸透性の高い宝石を染色を入れた溶媒に浸し、色上げを行うことをいう。染料の多くは有機質染料であるため、熱や光によって退色しやすく、また、一時的な処理であるため染色石(ダイド・ストーン)の価値は低い。染色処理が施されることがある石としては、ジェダイト、トルコ石、ラピスラズリなどがあげられる。

アパレル用語集