光沢とは?

宝石業界用語では「てり」ともいわれる。目に感じる艶(つや)のことで、宝石の美しさを大きく左右するもの。宝石の表面から反射する光の総量(反射量)と強弱によって光沢の質が決まる。光の反射量が多く、強い場合は、ちょうど磨かれた金属表面のような光沢が生じ、これを俗に金属光沢とよんでいる。ほとんどの宝石はガラスの表面のようなガラス光沢をもつ。一般に硬度が高いダイヤモンドの光沢を、ダイヤモンド光沢という。

アパレル用語集