カルセドニーとは?

和名は玉髄(ぎょくずい)。微細なクオーツ(石英)結晶の集合体で、半透明、あるいは不透明で、白や黒をはじめ様々な色合いを示す。正しくは、色が比較的一様で、縞目やインクルージョンがなく、無地に見えるものをカルセドニー、縞目のものをメノウというが、一般的には両者を含めてメノウとよんでいる。宝石としては高価なものは少なく、主に印材や彫刻材料に使用される。世界各地に広く分布し、南米、インド、マダガスカルなどの産地が有名。

アパレル用語集