アレキサンドライトとは?

クリソベリルの一種で、変色効果を示すのが特長。日光の下では緑色、白熱光(電球の光)の下で赤色に変化して見える。ロシアで発見されたため、当時の皇帝アレキサンドル2世にちなんで命名された。特異な現象を示す上に、産出量が極めて少ないため一般に高価である。変色が緑の時がエメラルド、赤の時がルビーの色に近くなるものほど評価が高い。主産地は、スリランカ、ロシア(ウラル山脈)。

アパレル用語集