アクアマリンとは?

和名は藍玉(らんぎょく)。ベリルの青色の変種をいう。ラテン語の「海水」を意味することばに由来する。一般には淡色で、青色が濃いほど価値が高くなる。大半が緑がかったブルーの色合いなので、最も評価価値の高い青色にするために緑みを消す熱処理(原石を高熱で熱する)が行われている。主産地はブラジル。

アパレル用語集