信玄袋とは?

袋物(ふくろもの)の一種。合財袋(がっさいぶくろ=合切袋とも綴る)のことで、底板などが付き、口を紐で締めくくるようにした布製の手提げ袋。合財袋の名称は、品物を一切合財入れるところからきたもので、女性の手提げ袋として明治中期に生まれ、信玄袋もそのひとつとされる。底を籠としたものは「籠信玄(かごしんげん)」と呼ばれる。

アパレル用語集