ケリー・バッグとは?

錠の付いた、台形のハンドバッグ。かちっとしたかぶせのふたにゴールドの錠前が付き、それを開けるための革製ケース入りの鍵が付いているのが特徴。本来はフランスのエルメス社の製品で、もとは狩猟用として馬の鞍につけたバッグを’30年に婦人用のハンドバッグにつくり変えたもの。ケリー・バッグの名は、アメリカの映画女優で、のちにモナコ王妃となったグレース・ケリーが妊娠中のお腹を隠すために持っていたこのバッグが雑誌に紹介されたことに由来するもので、現在ではハンドバッグの基本形の一つとして、変わらぬ人気がある。

アパレル用語集