ソフト・ハットとは?

ソフト・フェルト・ハットの略称で、単に「ソフト」とか「ソフト帽」ともよぶ。もっとも一般的なビジネス向きの帽子とされるが、現在では洒落たタウン・ハットとして用いられることが多い。柔らかなフェルトで作られていることから、形を自由に変えることができ、このためにアメリカでは「スナップ・ブリム・ハット」(つばが弾力性に富み、上げ下げが簡単な帽子の意)とよばれる。また、クラウンの中央にクリース(折り目)を付けたものが多いことから、単にセンター・クリースとよんで、この種の帽子を指すこともある。これを日本では「中折れ帽(なかおれぼう)」とよんでいる。 ソフト・ハットのなかで、もっともドレッシーなタイプはホンブルグ・ハットとよばれ、イギリスではふつうこれがソフト・ハットの呼称となっている。

アパレル用語集