スカルキャップとは?

頭にぴったりと合った、お椀形の丸帽。6~8枚はぎで、ベルベットや絹、毛糸などで作られた。主に老人用の室内帽として用いられ、また中世の初期や下僕(召使の男)などにかぶられたものとしても知られる。スカルとは「頭蓋骨」の意。フランス語のキャロットと同じ。

アパレル用語集