シルク・ハットとは?

モーニング・コートや燕尾服(など)、男性の最上級の礼装時に用いる帽子。頭頂部が平らな、円筒状の高いクラウンと、両脇がやや反り返った、比較的狭いブリムを特徴とする。1797年にロンドンの帽子屋ジョン・ヘザリントンの案といわれるが、もともと17世紀半ばに大流行したビーバー・ハットを原型としたもので、激減したビーバーの毛皮のかわりとして、似たようなシルク地を用いたのが始まりとされる。ハット・バンドには絹のリボンやフェルトが使われる。男子の最高の帽子であるところから、ハイ・ハット、トップ・ハット、トッパーなどとよばれ、オペラ・ハット、ジョンブル・ハットなどの種類が見られる。

アパレル用語集