角帽とは?

イギリスやアメリカの大学で儀式のときにかぶる角形の帽子。正方形で水平なボート状のものが、頭頂部に付くのが特徴で、その中心から房が垂れ下がったデザインとなっている。英語ではモーターボード・キャップ(左官がモルタルを受ける四角い板をモーターボードといい、それに似ていることから)とかカレッジ・キャップ、トレンチャー・キャップ(四角い木皿の意から)などという。日本では1886年に帝国大学の制帽とされたが、現在では特に早稲田大学の学帽として有名。

アパレル用語集