ロンドン・ブーツとは?

底とヒールが極端に厚く高くなったロング・ブーツで、’70年頃にロンドンで生まれ、当時流行ったグラム・ロックのミュージシャン達によって履かれたことから一般化した。ユニオン・ジャック(英国の国旗)や爬虫類(はちゅうるい)を部分使いにしたものなど、派手で過激な感じのものが代表的で、主にベルボトム・ジーンズやスリム・ジーンズと組み合わせて用いられた。’70年代の代表的な風俗ファッションのアイテムで、現在でもロックを愛好する人たちの一部で見られる。

アパレル用語集