モカシンとは?

インディアン・モカシンともいう。元来は北米インディアンが履いた、ヒール部分のないスリッポン式の短靴や長靴を総称したが、その形態や製法も指す。主に底から脇までを柔らかい1枚革で包むようにつくり、甲部にU字形の革をかぶせ、その緑を革紐ではぎ合わせた民芸品的な浅靴が代表的で、甲部にカラフルなビーズや刺繍飾りを施したものが多い。現在では、甲にU字形のはぎ合わせのあるカジュアル・シューズを広くこうよぶ。なお、モカシンには、ノルウェー式のノルウィージャン・モカシンもある。

アパレル用語集