マッケイ式製法とは?

靴の製法の一種で、アッパー、中底、表底を一緒に糸で縫い付ける方法で、こばがなく中底に縫い糸が見えるのが特徴。グッドイヤー・ウエルト式製法に次ぐ、しっかりとした重厚なつくりとなるもので、マッケイは発明者の名に由来するものといわれる。表底、中底、アッパーに柔らかい良質の革を使ったものが多く、構造が簡単なため、軽さがあり、返りもよく、足によくフィットし、特に紳士用高級靴に用いられることが多い。

アパレル用語集