ボタン・ブーツとは?

ボタン留めブーツの総称。もとは紐やファスナーなどを使わないで、脇のあきや前部をボタンでとめて履くようにしたものだが、現在では装飾としてボタンを付け、脇のファスナーをあけて履くものもある。ショート・ブーツ型が多く、特に1900年代などの礼装にみられるほか、レイン・ブーツのデザインなどにも用いられる。

アパレル用語集