編上靴とは?

紐を用いて編み上げるようにした編み上げブーツのこと。もとは第2次世界大戦前の日本の小中学生に用いられ、戦時中は底に金鋲が打たれて軍靴として履かれ、現在では、機動隊などにもちいられている。本来の形は鳩目穴を使わず、フックに紐をかけて結ぶようになっている。

アパレル用語集