登山靴とは?

登山用の靴の総称。マウンテン・シューズともいう。くるぶしより上のブーツ型のものが多いことからマウンテニアリング・ブーツとかクライミング(登山の意)・ブーツともよばれる。耐久性、防水性のある丈夫な革製で、編み上げ式となっており、本格的なものは疲労を防ぐために板のように厚く重い底と、底面に金属製のすべり止めの鋲(びょう)が付くのが特徴。また、軽量で、ビブラム・ソールなどのゴム底のものは軽登山靴といい、トレッキング・シューズやキャラバン・シューズなどが含まれる。

アパレル用語集