デザート・ブーツとは?

第一次世界大戦中、英国陸軍が砂漠(デザート)行軍用として履いたことから、あるいは素材の色が砂漠の砂を連想させるということでこの名称がある。デザインはチャッカー・ブーツ型のショート・ブーツで、スエードやベロアの1枚革で作られ、歩きやすいクレープ・ソール(ゴム底の一種)を特徴にしている。くるぶしまでの深さと、ステッチダウン式製法が砂などの侵入を防ぐとされ、イギリスの陸軍用ブーツを製造していた靴メーカー。クラークス社がこの名で初めて商品化したもの。

アパレル用語集