ステッチダウン式製法とは?

靴の製法の一種で、甲革を外側に釣り込み、(裏革は内側に釣り込む場合もある)それを表底に貼り付け、周囲を機械で縫い付けるという簡単な製法。こばに甲革の断面が重なり、縫い糸が見える状態になっているのが大きな特徴。軽く、屈曲性に優れ、コストも安い製法で、主に子供靴やデザート・ブーツなどのカジュアル・シューズに用いられる。

アパレル用語集