キャバリエ・ブーツとは?

17世紀の騎士(キャバリエ)が履いていたブーツで、丈はくるぶしより少し上からふくらはぎぐらいで、折り返しが付き、履き口がバケツのように大きく開いているのが特徴。ごく柔らかな革で作られることが多かった。

アパレル用語集