オックスフォード・シューズとは?

靴の基本型のひとつで、履き口が紐結び式で、くるぶしから下でカットされた「短靴(たんぐつ)」の総称。英国オックスフォード大学の学生たちの間で、1665年頃から、履かれたとされる短靴を原型としたもので、現在ではさまざまなバリエーションが生まれている。甲部の形によってバルモラル型(内羽根型)とブラッチャー型(外羽根式)の2種に大別される。

アパレル用語集