モーニング・カットとは?

ズボンの裾のカットのひとつで、後ろ斜め下へカットして、前後の高低差を1.5~2㎝程度としたもの。モーニング・コートのズボンに見られることからこうよぶもので、正式にはアングルド・ボトム(角度を付けた裾の意)という。ドレッシーなズボンに多く用いられるカット法として知られるが、’70年代に流行したベルボトム型のジーンズにも多く見られた。

アパレル用語集