ドロップ・ショルダーとは?

ドロップは「落ちる」という意味で、ドロップド・ショルダーともいう。普通の袖付け線より肩先の落ちた肩線で、丸みのあるラインが特徴とされる。かつてのフレンチ・コンチネンタル・モデルのスーツや現在のDCブランド調のスーツなどに見られるほか、シャツやセーターなどにも用いられる。

アパレル用語集