スロート・タブとは?

カントリー調のジャケットに多く見られる上衿に付けられた小さなタブ。ボタンホールがあり、本来は衿を起こして実際に留めるようになったものだが、現在ではまったくの飾りとなっている。スロートは「喉(のど)」の意味で、立ち衿にすると喉の部分にあたることからこう呼ぶ。別にスロート・ラッチ(喉の掛け金、かんぬきの意)ともいう。

アパレル用語集