ラグラン・スリーブとは?

衿ぐりから脇の下に切り替え線を入れ、肩と袖をひと続きに袖布を縫い付けた袖。クリミア戦争(1853~1856)中に英国のラグラン将軍が考案したといわれる。袖ぐりが深くゆとりがあるため、負傷者にも楽に脱いだり着たりでき、また袖付けの縫い目から雨が染み込まないという利点があったという。現在はコート、ジャンパーなどにも広く用いられている。

アパレル用語集