フレンチ・カフスとは?

「フランス風のカフス」の意で、ダブル・カフスの別称。かたく糊付けされたシングル・カフスに対して、柔らかいダブル・カフスをいったもので、特にアメリカで多く使われることばでもある。つくり付けの袖ボタンではなく、カフ・リンクスを用いて留める折り返し式のシャツ・カフスをいい、ほかにターンナップ・カフスとかリンク・カフス(カフ・リンクスを飾ることから)、レイズド・カフス(レイズは上げる、起こす、立てるの意)、またコンチネンタル・カフス(欧州風の意)などの別称もある。

アパレル用語集