袖山とは?

袖の部分で、身頃と付き合わせる山全体を指す。袖のパターン(型紙)で、袖付け線を表すカーブの部分がこれにあたり、頂点の袖山印から基礎線までの丈(袖山の高さ)をいうこともある。袖山の高さによって、袖の付く方向や運動量が変化する。袖山が高い程、袖が下向きに付き、きれいな袖付きとなるが、腕の運動が妨げられ、シャツ・スリーブのように袖山が低いと機能的になる。

アパレル用語集