棒衿とは?

カーディガン・ジャケットなどに見られる、上から下まで同じ幅で、棒のように直線的な衿のこと。または、背広やオーバーコートの折り衿の作り方をいう日本のテーラーの専門用語のひとつで、普通、衿は衿みつ(後ろの衿付け部分)の付近で幾分カーブするものだが、それを直線的に、つまり棒状につくるものをいう。対して、そのカーブの量を増やして“草刈り鎌”のような感じにしたものを「鎌衿(かまえり)」といい、これをフラット・カラーということもある。

アパレル用語集