ピークド・ラペルとは?

ピークは「先端、尖った山頂」の意味で、ゴージ・ラインが逆三角形を描き、下衿(したえり)の角度が高く上がったテーラード・カラーひとつ。ダブル・ブレストの上着やフォーマル・ウエアに多く見られる衿型で、俗に剣衿(けんえり)という。正しくはピークト・ラペル。なお、この衿型を特徴とするフォーマル・ウエアを、日本のテーラー用語で「剣もの」と称する。

アパレル用語集