手袋とは?

防寒や装飾、保護のために手にはめるもので、指が一本ずつ分けてつくられたグラブと、親指だけ分けてつくられたミトンに大別される。素材はウール、絹、革などが多い。手袋の歴史は古く、旧石器時代、また、古代ペルシャ、ギリシャ、ローマでも男性の手の保護や武具の一つとして、ミトン型のものが用いられ、その後ヨーロッパでは王候や貴族などの装飾品として取り入れられた。女性が着けはじめたのは、11世紀頃で、宝石などをあしらった、絹や革製の効果なものが多く、現在のようにシンプルな手袋にかわったのは19世紀頃といわれる。

アパレル用語集