ベルボトム・パンツとは?

フレアード・パンツの一種で、膝まではぴったりとフィットし、膝下から裾にかけてベル(鐘)のように広がるシルエットをもつパンツをいう。俗にラッパズボンとよばれ、昔からある基本的なパンツの一種だが、特に’60年代後半~’70年代のジーンズに用いられ、大流行となった。極端な広がりを持つものは、エレファント・ベル(象の脚のようなの意)などとよばれる。

アパレル用語集