ズート・パンツとは?

’40年代にアメリカで流行したズート・ルックに見るぶかぶかのパンツ。股上が深く、ウエスト部にタックが付き、腰回りは非常にゆったりとしていて、腿の部分は脚が2~3本入りそうな太さを持ち、裾は逆に極端に細くなるペッグトップ・パンツで、柄もジグザグ柄などの派手なものが多かった。サスペンダーを付けて履かれた。

アパレル用語集