サルエル・パンツとは?

サルエルはイスラムの民族服のひとつで、股の部分が、“おしめ”のようにつながった下体衣をいい、サルールともよぶ。これをモチーフにデザインされたパンツが’77年春夏パリ・コレクションに登場し、そこからサルエル・パンツとして一般化するようになった。全体にたっぷりとしたシルエットで、股の部分が落ちてつながり、足首で絞ったデザインになっているのが特徴。

アパレル用語集