クロップド・パンツとは?

クロップ・パンツ、クロプト・パンツともいう。クロップドは「刈り込まれた、切り取られた、切り落とされた」の意で、つまり、裾丈を普通のものより短くカットしたパンツのこと。たいていは六分丈から七分丈のもので、ルーズなウエストラインと絞り気味の裾ラインを特徴にしたものが多く見られる。なお、このような短めの丈をクロップド・レングスとよんでいる。

アパレル用語集