グルカ・ショーツとは?

1857年のインドの反英大反乱の際、旧英領インド軍の傭兵となったグルカ兵(ネパール人兵士)が用いた半ズボンが原型。イングリッシュ・グルカ・ショーツというのが正式名称。丈は膝上ぐらいで、全体にゆったりとして股上が深く、幅広のウエストバンドの付いたウエスト部に特徴がある。素材は主に綿で、色はカーキやオリーブなど。別にブリティッシュ・アーミー・ショーツ、コロニアル・アーミー・ショーツ、またボビー・ショーツ、単にコロニアル・ショーツの名でもよばれ、これを長ズボン型としたものにグルカ・パンツがある。

アパレル用語集