キュロットとは?

一般には女性用のスカート型パンツ(キュロット・スカート)として知られるが、本来は17世紀末~18世紀末に貴族の脚衣とされた膝丈の半ズボンを指す。腰まわりはゆったりとし、裾に向かって細くなり、 裾は細いバンドなどで留めてぴったりと脚にフィットするようになっているもので、それまでのショース(“ももひき”に似たズボン)に代わってあらわれた。こうした上流階級の習慣が消えるのは1789年に起こったフランス革命をきっかけにしてのことで、革命党員たちは貴族の象徴であるキュロットを拒否する意味で長ズボンをはいたことから“サン・キュロット”(キュロットをはかさに人の意)とよばれた。キュロットは「小さなお尻」を意味するフランス語。

アパレル用語集