オックスフォード・バッグスとは?

’24年頃からイギリスのオックスフォード大学の学生たちによってはかれたことからこの名がある、極端に大きなシルエットのパンツ。股上が深く取られ、ヒップから裾にかけて太いままのストレート・ラインで、ちょうどバッグ(袋)のような形ということでバッグスとよばれる。主に、グレーのフランネルやウーステッドなどで作られた。後のバギー・パンツの原型でもある。

アパレル用語集