フープ・スカートとは?

フープは、針金や鯨の髭(ひげ)などでつくった「張り骨」のことで、スカートのシルエットを整えるために用いる下着用の枠をいう。これを使って広く張りのあるシルエットに仕上げたスカートを総称し、16世紀のファージンゲール・スカートから、18世紀のパニエ・スカート、19世紀のクリノリン・スカートなどが代表的。

アパレル用語集