クリノリン・スカートとは?

クリノリンは19世紀半ばに流行したスカートを丸く大きくふくらませるために用いた下着の枠、また、そのようなアンダースカートのこと。枠には鯨の髭(ひげ)や針金などが、アンダースカートには馬毛と麻を混紡した、かたい布などが用いられた。そのイメージを取り入れてデザインされた丸く大きく張ったシルエットを特徴とするスカートをこうよんでいる。クラシックな雰囲気のある夜向きの服として用いることが多い。

アパレル用語集